Shimazemi Staff Blog

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)のスタッフブログです。

雑記

夏の甲子園2019大会11日目第2試合、智辯和歌山が星稜に延長14回タイブレークの末、敗れる。

Written by staff / 17 08 2019 / コメントなし

令和最初となる第101回全国高等学校野球選手権大会は、本日8月17日、大会11日目を迎え、第2試合目(3回戦)に、智辯和歌山が登場しました。

本日の対戦相手は、今秋ドラフト1位候補の奥川くんを擁する石川代表の星稜高校ということで、ロースコアでの接戦が予想されましたが、延長14回に及ぶ白熱の大接戦となりました。

星稜の奥川くんの投球が想像以上で、これはなかなか打てないなと思いながら観ていました。

150キロを越える速球を投げるピッチャーって、コントロールがアバウトな印象があるのですが、奥川くんにはコースに投げ分ける制球力があり、変化球もキレ味抜群なので、容易に打てそうな感じはなかったですね。

そんな中、智辯和歌山は6回に、エラーと死球でチャンスを作ると、ジョックロックが鳴り響く中、西川くんのヒットで同点に追いつき、ゲームを振り出しに戻しました。

ただ、その後も、奥川くんは崩れることがなく、智辯和歌山はヒット3本ということで、ホームが遠かったなって感じです。

奥川くんは、延長になっても、150キロを越える球を投げ、ふくらはぎがつったものの、スタミナもすごかったです。

さすが、今秋ドラフト1位候補というだけあり、超高校級のピッチャーですね。

13回からはタイブレークになったので、智辯和歌山にもチャンスがあるかとも思えたのですが、送りバントの失敗もあり、ほんと、ホームが遠かったなって感じです。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということもあり、本日は開店休業状態になっていますが、智辯和歌山は試合に負けたものの、球史に残るような試合でしたし、甲子園に応援に行った生徒たちも感動をもらっていると思います。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

8月15日は台風10号の影響で、阪和線、紀勢本線、和歌山線、きのくに線が計画運休!しまゼミも臨時休講

Written by staff / 15 08 2019 / コメントなし

本日2019年8月15日(木)は、台風10号の接近により、JR西日本では計画運休が予定されています。

JR和歌山駅へ向かう阪和線、紀勢本線、和歌山線、きのくに線も午前9時頃からは終日運休になる路線がありますので、注意してください。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、JR和歌山駅(東口)から徒歩1分と電車での通塾には便利ですが、電車が運休になるということで、塾は臨時休講いたします。

塾を開講しても生徒は少ないでしょうし、なにより大型の台風ということもあり、危険ですからね。

なお、JR和歌山駅へ向かう路線の計画運休の時間は以下の通りです。

■阪和線(日根野~和歌山駅) … 14時頃~終日運休

■紀勢本線(和歌山駅~和歌山市駅) … 9時頃~終日運休

■和歌山線(五条~和歌山駅) … 15時頃~終日運休

■きのくに線(紀伊田辺~和歌山駅) … 9時頃~終日運休

Classified in : 雑記 / Tags : なし

甲子園での高校野球は台風10号により順延!8月15日は和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」もお休み

Written by staff / 14 08 2019 / コメントなし

令和最初となる第101回全国高等学校野球選手権大会は、大型の台風10号の接近に伴い、8月15日(木)に予定されていた大会第10日目の3回戦4試合を中止し、翌16日(金)に順延すると発表しました。

この順延により、8月16日(金)に予定されていた智辯和歌山と星稜の試合もスライドされ、8月17日(土)の第2試合目(10時30分開始予定)に変更されました。

台風10号の接近に伴い、明日は新幹線なども計画運休になりますし、今回の順延は仕方ないでしょうね。

というか、どうせ明日は台風の影響で悪天候でしょうから、こういった早めの決断は正しい判断だと思います。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、お盆も休まず開講していますが、明日15日は台風10号の影響を考えてお休みします。

しまだゼミナールは、JR和歌山駅(東口)から徒歩1分と電車での通塾には便利ですが、明日15日のJRは、阪和線、紀勢本線(和歌山~和歌山市)、和歌山線、きのくに線が運休になりますので、塾を開講しても生徒は少ないでしょうし、なにより大型の台風ということもあり、危険ですからね。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

夏の甲子園2019大会8日目第3試合、智辯和歌山が高知の明徳義塾に7-1で快勝!3回戦の相手は石川の星稜

Written by staff / 13 08 2019 / コメントなし

令和最初となる第101回全国高等学校野球選手権大会は、本日8月13日、大会8日目を迎え、2回戦4試合が行われ、第3試合目に、智辯和歌山が登場しました。

本日の対戦相手は、過去2戦で連敗している高知の明徳義塾ということで、苦戦すると思いましたが、0-1で迎えた7回表に猛打が爆発して一挙7点を挙げました。

黒川くんのラッキーなヒットで同点に追いついたあとの、2番・細川くんの3ラン、5番・根来くんの2ラン、そして、6番・東妻くんのソロ本塁打と、1イニング3本塁打はすごかったです。

明徳義塾相手にここまで点差がつくとは思いませんでしたが、智辯和歌山の打線は爆発すると凄まじいですね。

次の第3回戦の対戦相手は、今大会注目の奥川投手がいる石川県代表の星稜高校ですが、今日のような爆発力で攻略してもらいたいものですね。

智辯和歌山と星稜の試合は、8月16日(金)の第2試合目(10時30分開始予定)ですが、超大型の台風10号の影響があるでしょうから、現時点では、日程がどうなるかはちょっと分からないですね。

これからの台風の進路次第ということもあるのでしょうが、前もって、15日(木)は試合中止といった決断をしたほうがいいような気がします。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということで、高校野球は智弁和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

夏の甲子園2019大会3日目第1試合、智辯和歌山が鳥取代表の米子東に8-1で快勝!2回戦の相手は高知の明徳義塾

Written by staff / 08 08 2019 / コメントなし

令和最初となる第101回全国高等学校野球選手権大会は、本日、大会3日目を迎え、午前8時からの第1試合に、智辯和歌山が登場しました。

試合は午前8時からですが、応援に行く生徒は、朝4時20分に和歌山駅に集合だったようです。

朝4時20分ということで、電車も走っていない時間なので、送っていく親は大変だったみたいです。

第1試合は、試合開始の時間が決まっているので、待ち時間も少なくて応援団にとってはラッキーかとも思いましたが、朝早すぎるので、かなり大変ですね。

田辺から出ているバスだと、もっと時間が早かったようで、甲子園に応援に行くのは、試合時間が早いとかなり大変ってことですね。

さて、本日の米子東との試合ですが、智辯和歌山は4回裏に先制するも、6回表に同点に追いつかれ、更なるピンチでかなりヒヤヒヤしましたが、6回裏に3点を取ってからは、完全に智辯和歌山のペースになったなって感じでしたね。

ピンチの後にチャンスありとはよく言いますが、野球って、ほんと流れがあるものだなと思います。

今日は初戦ということで、選手たちに緊張や気負いもあったのだとは思いますが、甲子園での智辯和歌山の試合って、逆転ゲームのイメージが強く、応援しているほうとしてはハラハラドキドキすることが多いような気がします。

2回戦の相手は、高知の明徳義塾ということで、面白い試合になりそうです。

明徳義塾というと、星稜の松井秀喜氏を5打席連続で敬遠したというイメージが強いですが、優勝経験もありますし、かなりの強豪校です。

智辯和歌山と明徳義塾の試合は、8月13日(火)の第3試合目(13時開始予定)ということで、今度は応援団は朝は早くなくていいですが、暑い時間帯なので、暑さ対策が大変ですね。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということで、高校野球は智弁和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

夏の甲子園2019、智辯和歌山の1回戦の対戦相手は、鳥取代表の米子東に決定!

Written by staff / 03 08 2019 / コメントなし

本日2019年8月3日(土)に、第101回全国高等学校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が行われ、智辯和歌山の1回戦の対戦相手は、鳥取代表の米子東に決まりました。

試合は、大会3日目となる8月8日(木)の午前8時からということで、応援に行く智辯和歌山の生徒は朝早くてちょっと大変かなって感じです。

まあ、朝早いほうが涼しいので、熱中症のことを考えると朝早いほうがいいですし、第1試合目ということで、試合開始の時間が決まっているので、待ち時間も少なくて、応援団にとってはラッキーかもしれません。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智辯和歌山生なので、甲子園での試合が午後からだと塾は開店休業状態になりますが、今回は朝イチの試合なので、開店休業状態は避けられそうです。

智辯和歌山が甲子園で勝ち進み、甲子園へ応援に行く回数が増えても、しまだゼミナールは個別指導塾ということで、日程調整ができますので、塾に通う日数が減るということはありません。

しまだゼミナールには、週1、週2、週3コースがありますが、例えば、週1コースだと、月5回まで可能なので、その回数で自由に塾に来る日程を決めることができます。

なので、テスト前には毎日塾に来て、テストのあとはお休みするということもできます。

しまだゼミナールは、現在、塾生の約90%が智辯和歌山生ですが、智辯和歌山専門塾というわけではなく、開智、近大附属和歌山、信愛、桐蔭、向陽、清風南海、星光学院、四天王寺など、幅広くの学校に対応しています。

JR和歌山駅(東口)徒歩1分とアクセスもよく、電車やバスでの通塾には非常に便利ですので、JR和歌山駅周辺で個別指導の進学塾・学習塾をお探しの場合には、是非、当塾をご検討ください。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

高校野球選手権和歌山大会の決勝、智弁和歌山が那賀に完勝!3年連続24度目の夏の甲子園

Written by staff / 29 07 2019 / コメントなし

令和最初となる夏の甲子園への切符をかけた第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、本日、決勝戦が行われ、春のセンバツ出場校の智弁和歌山が那賀に12-1で完勝し、3年連続24度目となる夏の甲子園出場を決めました。

*****************

決勝:智弁和歌山 12-1 那賀

準決勝:智弁和歌山 9-0 南部(7回コールド)

準々決勝:智弁和歌山 5-0 神島

3回戦:智弁和歌山 10-0 粉河(5回コールド)

初戦:智弁和歌山 4-0 和歌山南陵

*****************

初戦の和歌山南陵戦を観たときには、この夏の智弁和歌山は大丈夫か?とも思いましたが、その後の試合ではエンジン全開で、さすが王者といった感じでしたね。

宿敵の市和歌山が準々決勝で南部に敗れたことで、智弁和歌山にとっては楽に試合ができたのかもしれません。

甲子園では先制されて、その後、魔曲・ジョックロックが流れて逆転するというイメージの強い智弁和歌山ですが、この和歌山大会では、1点しか取られていませんし、投手の仕上がりはいいようですね。

甲子園でもその活躍を期待したいものです。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということで、高校野球は智弁和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

高校野球選手権和歌山大会の準決勝、智弁和歌山が南部にコールド勝ち!那賀は熊野を下す!

Written by staff / 28 07 2019 / コメントなし

令和最初となる夏の甲子園への切符をかけた第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、本日、準決勝の2試合が行われ、春のセンバツ出場校の智弁和歌山が南部にコールド勝ちし、第2試合目は那賀が熊野を下しました。

*****************

智弁和歌山 9-0 南部(7回コールド)

那賀 5-1 熊野

*****************

南部は市和歌山に競り勝ったので、智弁和歌山とはいい試合をすると思ったのですが、予想外に大差がついてしまいましたね。

市和歌山と智弁和歌山が試合をするといつも接戦になるので、智弁和歌山にとっては、市和歌山より南部のほうがくみしやすかったのかもしれません。

2試合目の那賀VS熊野は、途中からおばあちゃんの家のテレビで観たのですが、熊野高校のバスが渋滞かなにかで遅れて、試合開始が30分遅れたとおばあちゃんが言っていました。

熊野高校は、西牟婁郡上富田町朝来にある学校なので、紀三井寺球場まではかなり遠いですからねぇ…

熊野高校の最寄り駅のJR朝来駅(あっそえき)からJR和歌山駅までは普通列車だと2時間以上かかるみたいです。

まあ、電車を利用する場合には、途中で特急に乗り換えるとは思いますが…

さて、那賀と熊野の試合を途中からテレビで観た感じでは、那賀のピッチャーの谷脇くんが結構よかったですね。

今日のような投球を決勝戦でもできれば良い試合にはなりそうな気はしますが、智弁和歌山打線は強力なので、抑えきれるかどうかが問題ですね。

決勝戦も良い試合を期待したいです。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、現在、塾生の約90%が智辯和歌山生ですが、智辯和歌山専門塾というわけではなく、開智、近大附属和歌山、信愛、桐蔭、向陽、清風南海、星光学院、四天王寺など、幅広くの学校に対応しています。

智辯和歌山専門塾ではないですが、全塾生の約90%が智辯和歌山生ということで、高校野球は智辯和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

高校野球選手権和歌山大会の準々決勝、智弁和歌山が神島に完勝!市和歌山は南部に敗れる

Written by staff / 26 07 2019 / コメントなし

令和最初となる夏の甲子園への切符をかけた第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、本日、準々決勝の2試合が行われ、春のセンバツ出場校の智弁和歌山が神島(かしま)に完勝しましたが、もう一つの春のセンバツ出場校である市和歌山が南部に敗れました。

一瞬、神島学校ってどこ?って感じになりましたが、旧:田辺商業高等学校(田商)ですね。

*****************

智弁和歌山 5-0 神島

南部 4-3 市和歌山

*****************

市和歌山と南部は接戦になるとは思っていましたが、手に汗握る好ゲームでした。

南部はノーシードですが、この強さは本物ですね。

南部高校は、阪神の打撃コーチを務める濱中治氏をはじめ、女優の吹石一恵さんの父・吹石徳一氏なども輩出しており、プロ野球選手が多く誕生しています。

南部高校といえば、南高梅が有名ですが、野球も強いです。

南部が市和歌山に競り勝ったということで、王者・智弁和歌山との試合もどうなるか分かりませんね。

準決勝は日曜日ということで、楽しみです。

さて、和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、現在、塾生の約90%が智辯和歌山生ですが、智辯和歌山専門塾というわけではなく、開智、近大附属和歌山、信愛、桐蔭、向陽、清風南海、星光学院、四天王寺など、幅広くの学校に対応しています。

智辯和歌山専門塾ではないですが、全塾生の約90%が智辯和歌山生ということで、高校野球は智辯和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

高校野球選手権和歌山大会の準々決勝、箕島と桐蔭が敗れる!熊野と那賀が準決勝に進む

Written by staff / 25 07 2019 / コメントなし

令和最初となる夏の甲子園への切符をかけた第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、本日、準々決勝の2試合が行われ、ノーシードの熊野と那賀が勝利を収めました。

古豪の箕島と、シード校の桐蔭が準々決勝で敗れるとは、ちょっと予想外でした。

*****************

熊野 7-2 箕島

那賀 12-4 桐蔭(7回コールド)

*****************

しかも、箕島は8回に6点を入れられて大差での逆転負け、桐蔭は7回コールドと、両校ともらしくない負け方でした。

まあ、野球はその日の投手の出来にもよりますし、試合の流れというのもあるので、勝敗はチーム力だけで決まるものではありませんが…

熊野高校や那賀高校が野球が強いというイメージはなかったのですが、勝ったほうがその日は強かったということなので、熊野高校と那賀高校は実力もあり、強かったということでしょう。

那賀高校は、岩出市高塚にあり、以前近くに美味しいパスタ屋さんがあったので、よく学校の前を通ってました。

熊野高校には行ったことがありませんが、西牟婁郡上富田町朝来ということで、和歌山市からはかなり遠いですね。

最寄り駅のJR朝来駅(あっそえき)からJR和歌山駅までは普通列車だと2時間以上かかるので、途中で特急に乗り換えないとキツイですね。

まあ、野球で紀三井寺球場に来るときには電車ではなく、多分バスだとは思いますが…

さて、今日は、岩手大会が決勝で、2連覇を狙う花巻東と、佐々木朗希(ささき・ろうき)くんを擁する大船渡の対戦でしたが、佐々木朗希くんは登板せず、2-12で、大船渡は大敗でした。

前日までちょっと投げすぎていたので、この判断は仕方ないですね。

今の日程を考えると、1枚看板で甲子園に行くのはちょっと難しいかなって気がします。

さてさて、和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、現在、塾生の約90%が智辯和歌山生ですが、智辯和歌山専門塾というわけではなく、開智、近大附属和歌山、信愛、桐蔭、向陽、清風南海、星光学院、四天王寺など、幅広くの学校に対応しています。

智辯和歌山専門塾ではないですが、全塾生の約90%が智辯和歌山生ということで、高校野球は智辯和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし