Shimazemi Staff Blog

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)のスタッフブログです。

雑記

和歌山市、10万円の特別定額給付金が入金!5月7日にマイナンバーカードでオンライン申請→5月21日入金確認

Written by staff / 21 05 2020 / コメントなし

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の一つである、10万円の特別定額給付金ですが、和歌山市は2020年5月7日からマイナンバーカードによるオンライン申請が始まったので、その日のうちに、マイナポータルから振込先の銀行口座を入力し、振込先口座の確認書類(通帳の表紙&見開きページ)をアップロードして、電子申請を行いました。

ぴったりサービスから確認のメールが届いたのが、5月7日11時25分なので、その時間に和歌山市にデータが送信されたことになります。

で、本日5月21日に紀陽銀行に入金されていたので、申請から2週間といったところですね。

マイナンバーカードによるオンライン申請でも、システムが確立していないせいで、郵送申請よりかえって手間がかかるという報道があったので、もう少し時間がかかるかなとも思ったのですが、和歌山市役所の職員が頑張ってくれたようで、思ったより入金は早かったです。

ちなみに、和歌山市では、郵送申請方式による特別定額給付金の申請書は、明日5月22日(金)から発送予定ということです。

和歌山市の場合、5月21日までにオンライン申請分をできるだけ処理した上で、その後は郵送分も処理するといった感じなんでしょうね。

さて、この貴重な10万円をどう使いましょうかね?

Classified in : 雑記 / Tags : なし

紀陽銀行が水道路支店と太田出張所を宮北支店に統合し、和歌山市黒田251に新築移転

Written by staff / 03 04 2020 / コメントなし

今日、紀陽銀行から封書が届いて、何だろうと思ったら、水道路支店と太田出張所を宮北支店に統合した上で、店舗を新築移転するという内容でした。

宮北支店に統合するといっても、ブランチインブランチ方式で宮北支店へ移転統合するため、店舗名は、「紀陽銀行 宮北支店・水道路支店・太田出張所」となるようです。

ブランチインブランチとは、1つの拠点内で2つ以上の支店を併設して営業する店舗形態なので、店番・店名・口座番号の変更はなく、通常はそのまま使えそうです。

外国送金とかの場合は、銀行の住所が変わるので、その辺の変更は必要だとは思いますが…

で、新築される新店舗の住所は、和歌山市黒田251番地で、案内文には簡易な地図も載っていましたが、あの辺にある空き地って、中華料理店の你好(ニイハオ)の隣とかでしょうかね?

ニイハオは美味しいので、中華が食べたくなったらよく行っていましたが、最近は年のせいか、中華が結構厳しくなってきたので、外食は和食とかのほうが多いですねぇ…

さて、水道路支店、太田出張所、宮北支店の旧店舗の営業は10月2日(金)までで、10月5日(月)からは、新店舗での営業になりますので、しまだゼミナールからはちょっと遠くなるかなって感じです。

まあ、移転後も宮北支店のATMコーナーは引き続き利用できるようなので、ATMで済むことなら、太田出張所よりは多少遠くはなるものの、それほど不便ではありませんが…

新型コロナウイルスのこともありますし、この機会にネットバンキングを利用するのもありだと思います。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)では、受講料のお支払いは現金または銀行振込(紀陽銀行)となっていますが、防犯上、銀行振込を推奨しています。

銀行振込は手数料が勿体ないという場合には、紀陽銀行はモバイル・インターネットバンキングを利用すると、紀陽銀行宛ての振込手数料が無料になります。

また、ネットバンキングを使っていなくても、紀陽ATM手数料無料サービス「ATMゼロ」というのがあり、ある一定の条件を満たしていれば、月3回まで紀陽銀行宛ての振込手数料が無料になりますので、紀陽銀行を利用している場合には、手数料無料で振込を利用できる可能性が高いです。

スマホによるQRコード決済を中心としたキャッシュレスが急速に普及していますし、新型コロナウイルスの感染拡大もありますので、ますます日本でも現金を使う機会が少なくなってきそうですね。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

新型コロナウイルスの影響で「ウイルスとれるーん」が人気!合格一直線や必勝なら塾にはピッタリだけど…

Written by staff / 03 03 2020 / コメントなし

新型コロナウイルスの影響でマスクが不足していることから、部屋に飾るだけでウイルスを吸着するタペストリー布「ウイルスとれるーん」が話題になっています。

「ウイルスとれるーん」は、布地部分にインフルエンザウィルスAichi株、インフルエンザウィルス和田山株を部材にウィルスを滴下固定し、付着する効果があるかを試験したところ、97・6%のウイルス吸着が確認されたとしています。

タペストリーの仕様は、縦55センチ、横40センチで、文字は、「健康一番」、「合格一直線」、「必勝」の3種類が用意されています。

製造販売しているのは、埼玉県羽生市の衣料品製造業「互福衣料株式会社」で、価格は2680円(税込み)となっており、互福衣料株式会社の公式サイトで予約販売されていますが、現在は「健康一番」(ブルー)だけなので、塾にはちょっと文字が合わないかなって感じです。

「合格一直線」や「必勝」なら、塾にはピッタリなので、塾長に導入を進言してみようと思ったのですが…

「ウイルスとれるーん」の価格は2680円(税込み)と、タペストリーにしては高いような気もしますが、洗濯もできるようなので、使い捨てのマスクに比べると、結構お得なような気もします。

まあ、教室に「ウイルスとれるーん」を掛けて、本当に新型コロナウイルスに効果があるかどうかは現時点では懐疑的ですが…

新型コロナウイルスの影響で、小中学校や高校は軒並み休校になっていますが、和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は小規模な塾なので、通常通り開講しております。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

和歌山県内の新型コロナウイルス感染者は済生会有田病院に勤務の50代男性外科医師

Written by staff / 13 02 2020 / コメントなし

本日、2020年2月13日(木)に、和歌山県内でも新型コロナウイルスの感染者が確認されたという発表があり、その後、患者は済生会有田病院(有田郡湯浅町大字吉川52−6)に勤務する50代の男性外科医師だということが分かりました。

これを受け、済生会有田病院は新規患者の受け入れを停止し、病院内で医師が接触した人全員にウイルス検査を実施するとしていますが、プライベートで接触している人もいるでしょうし、これはちょっと心配なニュースですね。

湯浅なので、自動車通勤だとは思いますが、電車通勤だと、プライベートでも結構接触者が多くなりますから…

詳しい情報が知りたくて、済生会有田病院のホームページに行こうとしたものの、サーバーがダウンしていて繋がらないですね。

saiseikai-arida.jpのWhoisを調べると、Name Serverは、ns-〇〇〇.dns.jp-〇〇.cloudn-service.comのようになっているので、NTTコミュニケーションズのクラウド・エヌというサービスを使っているようですが、突発的なアクセスの集中には耐えられないみたいですね。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)では、ウイルス対策にノロキラーは使っていますが、和歌山県内でも新型コロナウイルスの感染者が出たということで、もう少し対策をしようと思います。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

自動更新のはずが無料SSLサーバー証明書「Let's Encrypt」の期限が切れていた

Written by staff / 15 01 2020 / コメントなし

昨晩、塾長から、しまゼミ.jpがつながらないと連絡があり、確認してみたところ、「この接続ではプライバシーが保護されません」云々という画面が表示され、ブラウザからブロックされていました。

これは、SSLサーバー証明書の期限が切れた場合に表示される画面なので、すぐにレンタルサーバーにログインして、SSLサーバー証明書の更新をしましたが、反映までには数時間ぐらいかかったはずです。

しまゼミ.jpは、無料SSLサーバー証明書のLet's Encryptを使っており、レンタルサーバー側が90日ごとに自動更新をしているはずなのですが、なぜか今回は自動更新されず、期限切れになってしまっていました。

多分、しまゼミ.jpが正常に表示されなかったのは昨日一日だけだと思いますが、その間にアクセスしていただいた方には非常にご心配をおかけいたしました。

Let's Encryptの有効期限は90日ですし、サーバー側で自動更新に失敗することもありえるということを考えると、3ヵ月に1回ぐらいはサーバーにログインして、SSLサーバー証明書の更新状況をチェックしたほうがよさそうですね。

塾長がホームページをチェックしていなければ、もっとこの状態が続いていたってことでしょうね。

SSLサーバー証明書の期限切れだけなく、サーバーダウンなどもありますので、1日1回ぐらいはホームページを確認したほうがいいかもしれませんね。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」はJR和歌山駅(東口)から徒歩1分なので、教室の入り口に電車の時刻表を掲示

Written by staff / 10 11 2019 / コメントなし

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、JR和歌山駅(東口)から徒歩1分(実際は30秒?)のところに教室があるので、学校帰りに電車で通っている生徒も多いです。

しまだゼミナールは塾生の約90%が智弁和歌山生ということもあり、学校帰りに塾に来る場合は電車のほうが便利ですからね。

ということで、教室の入り口に帰りの電車の時刻表を貼り出しました。

時刻表

時刻表は塾長の手書きです。

この手書きの時刻表では、特急は排除しています。

JR西日本の時刻表は3月ごろに改定になると思うので、それまではこの時刻表をご利用ください。

まあ、最近はスマホもあるので、スマホを持っている生徒には必要ないですけどね。

しまだゼミナールは、JR和歌山駅(東口)徒歩1分とアクセスもよく、電車やバスでの通塾には非常に便利ですので、JR和歌山駅周辺で個別指導の進学塾・学習塾をお探しの場合には、是非、当塾をご検討ください。

お問い合わせをお待ちしております。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

プロ野球ドラフト会議2019で、智弁和歌山の黒川史陽くんが楽天、東妻純平くんがDeNAから指名される

Written by staff / 18 10 2019 / コメントなし

昨日2019年10月17日(木)に行われたプロ野球ドラフト会議2019で、智弁和歌山高校から、内野手の黒川史陽(くろかわふみや)くんと、キャッチャーの東妻純平(あづまじゅんぺい)くんが指名されました。

黒川史陽くんが東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名、東妻純平くんが横浜DeNAベイスターズから4位指名と、黒川くんの評価が予想以上に高かったです。

智弁和歌山といえば、侍ジャパンU-18代表にも選ばれた池田陽佑(いけだようすけ)くんは指名されなかったの?と思うかもしれませんが、池田陽佑くんはプロ野球志望届を出しておらず、大学に進学するものと思われます。

プロ野球志望届は、夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の閉幕後に受付を開始し、プロ野球ドラフト会議開催前に締め切られ、プロ志望届を出さなかった学生は、大学進学もしくは一般企業就職希望者とみなされ、プロ野球のドラフト指名を受けることができないというルールになっています。

なので、池田陽佑くんが指名漏れしたというわけではありません。

指名漏れといえば、和歌山東高校の落合秀市(おちあいしゅういち)くんが指名されなかったのは意外でした。

落合秀市くんといえば、最速148キロの「紀州の剛腕」として注目されていただけに、ドラフト4位ぐらいまでには指名されると思ったんですけどねぇ…

スカウトの目というのは分からないものですね。

落合秀市くんは野球を辞めて就職するということなので、ちょっと勿体ないような気もしますが、自分のしたい仕事を見つけるのが一番だと思います。

和歌山東高校といえば、福岡ソフトバンクホークスからドラフト3位で指名された東北福祉大学の津森宥紀(つもりゆうき)くんが、和歌山東高校の出身ですね。

和歌山県出身の選手がプロ野球選手になるのは県民としてはうれしいものです。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということで、高校野球は智弁和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

LINEスタンプ第2弾「しまゼミ猫スタンプPart2」はリジェクトから2週間…まだ審査中

Written by staff / 25 09 2019 / コメントなし

2019年9月9日にリジェクトされてすぐに再審査リクエストをした、しまだゼミナールのLINEスタンプ第2弾「しまゼミ猫スタンプPart2」ですが、2週間以上たった今もまだ承認されていません。

リジェクトされた理由は、申請したスタンプが世界の異なる文化・習慣の観点から、販売国を25カ国に限定させてもらうというもので、それに伴い、販売エリアを該当の25カ国に変更してほしいというものだったので、最長でも1週間ぐらいで承認されるものと思っていたのですが、予想以上に審査に時間がかかっています。

しまだゼミナールのLINEスタンプ第1弾である「しまゼミ猫スタンプ」の時は、2019年1月28日にスタンプの審査をリクエストし、1月31日に承認されたので、3日で承認されたわけですが、今回はリジェクトまで1週間、そして、その後2週間以上経っても承認されないので、かなり遅いなって感じです。


■2019年9月2日 ⇒ スタンプの審査をリクエスト

↓ ↓ ↓

■2019年9月9日 ⇒ リジェクト&再審査リクエスト

↓ ↓ ↓

■2019年9月25日 ⇒ 今ここ


というわけで、しまだゼミナールのLINEスタンプ第2弾「しまゼミ猫スタンプPart2」のリリースはいつになるかは今のところ分かりませんが、気長にお待ちいただけますようお願いいたします。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

LINEスタンプ「しまゼミ猫スタンプPart2」を準備中!申請から1週間でリジェクト通知が来た

Written by staff / 10 09 2019 / コメントなし

「ちまだ くう」さんによるLINEスタンプ「しまゼミ猫スタンプPart2」を現在準備中です。

本当だったら、今頃リリースされていたはずですが、申請から1週間で、「LINE Creators Marketスタンプがリジェクトされました」という件名のメールが届き、審査に落ちました。

リジェクトされた理由は、申請したスタンプが、世界の異なる文化・習慣の観点から、販売国を25カ国に限定させてもらうというもので、それに伴い、販売エリアを該当の25カ国に変更してほしいというものでした。

ということで、販売エリアの項目で「選択したエリアで販売する」を選択し、該当の25カ国にチェックを入れたうえで再度リクエストしました。

ちなみに、今回申請したスタンプの販売可能な国は以下の通りです。

****************

アルゼンチン

オーストラリア

ベルギー

ブラジル

カナダ

デンマーク

イギリス

フィンランド

フランス

ドイツ

アイスランド

アイルランド

日本

ルクセンブルク

ニュージーランド

ノルウェー

ポルトガル

南アフリカ

スペイン

スウェーデン

台湾

タイ

オランダ

ウルグアイ

アメリカ合衆国

****************

申請したスタンプのどの構図が、世界の異なる文化・習慣の観点から不適切を判断されたのかは分かりませんが、しまゼミ猫スタンプは日本以外で使われる可能性はほとんどありませんし、今回は25カ国にエリアを絞って販売することにしました。

再申請なので、1度目のように1週間も審査に時間はかからないとは思いますが、最長1週間ぐらいは覚悟しています。

しまゼミ猫スタンプPart2のリリースまで今しばらくお待ちください。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

智辯和歌山はJR黒江駅から徒歩10分だが、海南市ではなく和歌山市の学校

Written by staff / 26 08 2019 / コメントなし

今年の夏の甲子園でも大いに高校野球ファンを楽しませてくれた智辯和歌山ですが、学校はJR黒江駅から徒歩10分のところにあるものの、住所は海南市ではなく、和歌山市です。

■智辯和歌山の住所:和歌山県和歌山市冬野2066-1

■JR黒江駅の住所:和歌山県海南市岡田横山608-5

JR黒江駅が海南市なので、智辯和歌山も海南市にあると思っている人もいるかもしれませんが、ギリギリ和歌山市にある学校です。

ちなみに、JR黒江駅には、智辯学園和歌山小中高等学校の生徒専用登校用通路があります。

JR黒江駅の1日平均乗車人数は、2500人ぐらいだそうですが、智辯学園和歌山の全生徒数が1900人ぐらい(小学校:約450人+中学校:約650人+高校:約800人)なので、JR黒江駅の利用者の多くは、智辯和歌山の児童や生徒、そして、その関係者が占めていると思われます。

さて、和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、現在、塾生の約90%が智辯和歌山生ですが、智辯和歌山専門塾というわけではなく、開智、近大附属和歌山、信愛、桐蔭、向陽、清風南海、星光学院、四天王寺など、幅広くの学校に対応しています。

しまだゼミナールは、JR和歌山駅(東口)から徒歩1分とアクセスもよく、学校帰りに、電車やバスで通うには非常に便利です。

JR和歌山駅周辺で個別指導の進学塾・学習塾をお探しの場合には、是非、当塾をご検討ください。

Classified in : 雑記 / Tags : なし