Shimazemi Staff Blog

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)のスタッフブログです。

プロ野球ドラフト会議2019で、智弁和歌山の黒川史陽くんが楽天、東妻純平くんがDeNAから指名される

Written by staff / 18 10 2019 / コメントなし

昨日2019年10月17日(木)に行われたプロ野球ドラフト会議2019で、智弁和歌山高校から、内野手の黒川史陽(くろかわふみや)くんと、キャッチャーの東妻純平(あづまじゅんぺい)くんが指名されました。

黒川史陽くんが東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名、東妻純平くんが横浜DeNAベイスターズから4位指名と、黒川くんの評価が予想以上に高かったです。

智弁和歌山といえば、侍ジャパンU-18代表にも選ばれた池田陽佑(いけだようすけ)くんは指名されなかったの?と思うかもしれませんが、池田陽佑くんはプロ野球志望届を出しておらず、大学に進学するものと思われます。

プロ野球志望届は、夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の閉幕後に受付を開始し、プロ野球ドラフト会議開催前に締め切られ、プロ志望届を出さなかった学生は、大学進学もしくは一般企業就職希望者とみなされ、プロ野球のドラフト指名を受けることができないというルールになっています。

なので、池田陽佑くんが指名漏れしたというわけではありません。

指名漏れといえば、和歌山東高校の落合秀市(おちあいしゅういち)くんが指名されなかったのは意外でした。

落合秀市くんといえば、最速148キロの「紀州の剛腕」として注目されていただけに、ドラフト4位ぐらいまでには指名されると思ったんですけどねぇ…

スカウトの目というのは分からないものですね。

落合秀市くんは野球を辞めて就職するということなので、ちょっと勿体ないような気もしますが、自分のしたい仕事を見つけるのが一番だと思います。

和歌山東高校といえば、福岡ソフトバンクホークスからドラフト3位で指名された東北福祉大学の津森宥紀(つもりゆうき)くんが、和歌山東高校の出身ですね。

和歌山県出身の選手がプロ野球選手になるのは県民としてはうれしいものです。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということで、高校野球は智弁和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

Write a comment

3番目のアルファベットを入力してください lgnw? :