Shimazemi Staff Blog

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)のスタッフブログです。

夏の甲子園2019大会8日目第3試合、智辯和歌山が高知の明徳義塾に7-1で快勝!3回戦の相手は石川の星稜

Written by staff / 13 08 2019 / コメントなし

令和最初となる第101回全国高等学校野球選手権大会は、本日8月13日、大会8日目を迎え、2回戦4試合が行われ、第3試合目に、智辯和歌山が登場しました。

本日の対戦相手は、過去2戦で連敗している高知の明徳義塾ということで、苦戦すると思いましたが、0-1で迎えた7回表に猛打が爆発して一挙7点を挙げました。

黒川くんのラッキーなヒットで同点に追いついたあとの、2番・細川くんの3ラン、5番・根来くんの2ラン、そして、6番・東妻くんのソロ本塁打と、1イニング3本塁打はすごかったです。

明徳義塾相手にここまで点差がつくとは思いませんでしたが、智辯和歌山の打線は爆発すると凄まじいですね。

次の第3回戦の対戦相手は、今大会注目の奥川投手がいる石川県代表の星稜高校ですが、今日のような爆発力で攻略してもらいたいものですね。

智辯和歌山と星稜の試合は、8月16日(金)の第2試合目(10時30分開始予定)ですが、超大型の台風10号の影響があるでしょうから、現時点では、日程がどうなるかはちょっと分からないですね。

これからの台風の進路次第ということもあるのでしょうが、前もって、15日(木)は試合中止といった決断をしたほうがいいような気がします。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)は、全塾生の約90%が智弁和歌山生ということで、高校野球は智弁和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

Write a comment

最初のアルファベットを入力してください rqgc? :