Shimazemi Staff Blog

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)のスタッフブログです。

高校野球選手権和歌山大会3回戦、市和歌山が和歌山東にサヨナラ勝ち!智弁和歌山&南部は5回コールド

Written by staff / 24 07 2019 / コメントなし

令和最初となる夏の甲子園への切符をかけた第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、本日3回戦の3試合が行われ、智弁和歌山と南部が5回コールド勝ちを収め、3試合目の市立和歌山VS和歌山東は、9回サヨナラで市立和歌山が和歌山東を下しました。

*****************

智弁和歌山 10-0 粉河(5回コールド)

南部 11-1 近大新宮(5回コールド)

市立和歌山 4-3 和歌山東(9回サヨナラ)

*****************

春のセンバツ出場の市立和歌山と、プロ注目の投手・落合秀市(おちあい・しゅういち)くんを擁する和歌山東ということで、スカウトも訪れる注目の試合でしたが、結果は、悪送球でのサヨナラゲームという和歌山東にとっては悔しい一戦になりました。

高校野球にはエラーはつきものなので、甲子園には縁がなかったと考えて、プロで頑張ってもらいたいですね。

甲子園には夢はありますが、大黒柱1本のチームだと、投げすぎも心配になってくるので、甲子園に行くには、投手は2枚看板ぐらいはあったほうがいいですね。

投げすぎというと、プロ大注目の投手・大船渡高の佐々木朗希(ささき・ろうき)くんが、今回の岩手大会でちょっと投げすぎているようなので、その辺がちょっと心配ですね。

岩手大会は明日決勝で、2連覇を狙う花巻東と、佐々木朗希くんを擁する大船渡の対戦ということで、和歌山ではないですが、ちょっと注目したいと思います。

しかし、智弁和歌山、南部、市立和歌山は前評判どおり、強いですね。

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」は、全塾生の約90%が智辯和歌山生なので、智辯和歌山を応援しています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

Write a comment

最初のアルファベットを入力してください mrmw? :