Shimazemi Staff Blog

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」(しまゼミ)のスタッフブログです。

智辯の漢字の書き方を覚えて、智弁和歌山の表記を卒業しよう!

Written by staff / 03 06 2019 / コメントなし

高校野球などでは、智弁和歌山と表記される智辯学園和歌山ですが、智辯の漢字は実はそれほど難しくはありません。

漢字を分解してみると、書き方も、覚えるのも簡単です。

**********

 知
 日

辛言辛

**********

覚え方は、「辛い辛い言葉を知る日、それが智辯!」です。

「辯」の左側の「辛」は、ちょっと形が変わっていますが、唐辛子のように曲がっていると覚えておけばいいかと思います。

ちなみに、「辯」の部首は、辛部(しんぶ)といいます。

辛部が部首の漢字には、辯のほかに、辟易(へきえき)の「辟」や、辛辣(しんらつ)の「辣」などがあります。

智辯の辯が漢字のテストに出ることはまずないとは思いますが、智辯和歌山や奈良の智辯学園が甲子園で活躍したりしたときには、辯の漢字が書けると、話のネタになるとは思います。

この機会に、智辯の漢字の書き方を覚えて、智弁和歌山の表記を卒業してみませんか?

和歌山市の進学塾「しまだゼミナール」は、全塾生の約90%が智辯和歌山生なので、智辯という漢字は頭と指に染み付いてしまっています。

Classified in : 雑記 / Tags : なし

Write a comment

2番目のアルファベットを入力してください vben? :